ほくろとガンの見分け方


ほくろと皮膚ガンはよく似ています。
皮膚の黒い部分で良性のものをほくろと呼びますが、この部分が悪性だとガンになります。見分け方はないわけではありません。

まず、黒い部分の大きさに注目してみましょう。
黒い部分(ほくろに見える部分)が少しずつ大きくなってきた場合は、ガンである可能性が高いかもしれません。またできた当初から黒い部分がとても大きい場合は、後々ガンになる可能性があります。黒い部分がガンであった場合、広がったあとは盛り上がってきます。
また盛り上がった部分は弱いのでただれることもあります。

次に色で見分けることも可能です。黒い部分に濃淡はありませんか。
もし濃淡があればガンの可能性が高いです。
また黒い部分の形がいびつな場合もガンである可能性があります。

このようにほくろとガンの見分け方には一応の目安があります。
しかし素人判断を繰り返していてはもしもの時に手遅れになってしまう危険性は否めません。不安があるかたは一度、医師に相談するほうが確実です。

This entry was posted in ほくろについての知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found