ほくろと紫外線の関係とは


ほくろと紫外線には大きな関係がありあす。
ほくろとは、メラニン色素があつまってできたものです。

メラニン色素ときくとシミの原因というイメージを持つ方も多いかもしれません。しかしそもそもメラニン色素はわたしたちの皮膚を紫外線から守るために存在します。紫外線の刺激を受けた皮膚は肌を守るためにメラニン色素を作り出します。紫外線の刺激が強ければ強いほど、皮膚は肌を守るためにメラニン色素を活発に作る必要があります。そして大量に生成されたメラニン色素が集合してほくろになってゆくのです。

紫外線が直接ほくろを作っているわけではありません。
しかし紫外線は間接的にほくろの原因になっているのです。

つまりメラニン色素を生成する必要をなくせば、ほくろの増殖を予防することができます。UVクリームを塗ったり肌の露出を避けることでほくろの原因となる紫外線は大幅にカットすることが可能です。

メラニン色素の生成には個人差がありますが、ほくろが気になる方はこれまでよりも積極的に紫外線対策をしてみるとよいでしょう。

This entry was posted in ほくろについての知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found